ギャンブルが理由でも可能

説明

残元本が大幅に減額される

浪費やギャンブルで借金が膨れ上がってしまった場合には、自己破産を選択できない恐れがあります。自己破産の免責要件には、浪費やギャンブルによる借金は含まれていません。しかし、過去の誤ちのせいで、これからの人生が無駄になることは避けたいものです。個人再生であれば借金問題を解決できるため、早期に弁護士に相談しましょう。個人再生とは、借金総額が5000万円以下、かつ安定した収入が見込める場合に申し立てができる債務整理です。借金の残元本の返済が大幅に免除され、残りの借金を3年から5年をかけて返済します。浪費やギャンブルが理由の借金でも申し立てが可能となっており、多くの方が個人再生により人生を立て直されています。ただ、煩雑な手続きが必要となるため、弁護士のサポートが必要不可欠です。弁護士に依頼すると、債権者からの督促や取り立てが即時止まります。また、再生計画が確定するまでは、債務を返済する必要がありません。さらに、利息制限法による引き直し計算をしてくれるため、残元本を減額できます。その上、再生計画が確定すると、減額された残元本がより大幅に減額されます。人生をやり直す大きな切り札となる個人再生を、スムーズに確定できるのが弁護士に相談するメリットです。弁護士報酬が心配だと感じる方もいらっしゃるでしょうが、不安は無用です。多くの弁護士事務所が、報酬の分割払いに対応しています。また、初回相談を無料としている事務所が多く、気軽に相談が可能です。

Copyright© 2018 個人再生で借金の負担を減らそう【弁護士に相談することが重要】 All Rights Reserved.