専門家のサポートが必要

弁護士

書類作成や交渉代理可能

借金問題を法的な手段で解決をする債務整理があります。債務整理の手続きの中でも個人再生は、弁護士に依頼をせずに本人だけで申し立てをすることも可能です。弁護士に依頼をしないので、かかる費用も抑えられます。実際に個人再生を一人でやってみると、法律の知識も必要で手続きも複雑、簡単なものではありませんので、どうしても弁護士のサポートが必要になってきます。法的な知識がないと失敗することもあります。もし、本人で行う場合債権者への対応や再生委員との対応もすべて自分一人で行います。複数の金融機関から借入れのある方は、債権者の数だけ対応が必要になってきます。また、弁護士に依頼するよりも司法書士に依頼をした方が費用は安いのですが、書類作成だけしか手伝ってもらうことができないのです。弁護士であれば、書類作成だけでなく債権者、裁判所、再生委員への対応も含めて個人再生の手続き全般を代行しサポートしてくれます。本人自身が手続きを行っても、裁判所で個人再生委員は専任されますが、あくまで監督をするだけであり、手続きに関するサポートや債権調査等を行ってくれるわけではないのです。それにも関わらず、再生委員に報酬費用を払わなければならないのです。したがって、個人再生の手続きを確実に進めていくためには、どうしても弁護士のサポートが必要になります。どの弁護士でもいいというわけではありませんので、債務整理を得意としている弁護士に依頼することです。

Copyright© 2018 個人再生で借金の負担を減らそう【弁護士に相談することが重要】 All Rights Reserved.