全ての手続きを代行

弁護士

督促の電話がすぐに止まる

借金の問題を何とか解決したい、でも自己破産は避けたいとお考えの方に適しているのが、個人再生です。借金額を最大80%から90%も減額できる個人再生は、新たな人生を切り開く切り札になります。残債務には金利は付かない上に、3年から5年をかけて返済できるのも特徴です。借金問題にお悩みの方は、1日も早く弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することで、煩雑な手続きを全て代行してくれます。何も知識がなくとも個人再生手続きができ、弁護士報酬は分割払いが可能です。正式依頼後は債権者に対して受任通知が送られ、債務者に対しての直接請求や取り立てを止められます。督促の電話や郵便に怯えることがなくなり、精神的負担を大幅に軽減できます。また、過払い金が発生していないかを弁護士が確認してくれます。もし、過払い金がある場合には借金額から差し引き、残債務額を確定させます。支払わなくともよい金利を支払う必要がなくなり、より借金問題をスムーズに解決できます。さらに、再生計画案を作成してくれる上に、裁判所に再生手続き開始の申し立ても行ってくれます。あとは裁判所の認可を受ければ、借金額から減額された再生債務を分割で債権者に支払っていくだけです。マイホームを購入しており、住宅ローンがある場合にも個人再生は可能です。その場合には住宅資金特別条項を利用すればよく、マイホームを手放す必要がありません。弁護士が1人1人に最適な提案をしてくれるため、まずは相談しましょう。初回相談を無料としている事務所が多く、現金を持ち合わせていない方も相談が可能です。

Copyright© 2018 個人再生で借金の負担を減らそう【弁護士に相談することが重要】 All Rights Reserved.