弁護士

全ての手続きを代行

過払い金の有無の確認、債権者への受任通知の送付、再生計画案の作成、裁判所への申し立てまで必要な手続きを全てしてくれるのが、弁護士による個人再生です。スムーズに借金問題を解決でき、返済に苦労する日々と決別できます。督促や取り立てに怯える必要もなく、精神的負担も軽減できます。

詳しく見る

説明

ギャンブルが理由でも可能

人生をやり直したい、でも浪費やギャンブルによる借金で自己破産ができないとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。その悩みは、弁護士による個人再生手続きで解決できます。煩雑な手続きを代行し、抱えている借金問題のスムーズな解決に導いてくれます。

詳しく見る

お金

継続収入が条件

個人再生には小規模個人再生手続きと給与所得者等再生手続きがあります。いずれも継続収入が見込めることが条件で再生計画が認可される必要があるため、個人で行うのではなく、弁護士に相談して手続きを依頼するのがおすすめです。

詳しく見る

弁護士

専門家のサポートが必要

個人再生では本人が申し立てて、一人でも手続きをすることは可能ではあるのですが、手続きは複雑で法的知識も必要、債権者、裁判所、再生委員への対応もすべて一人で行わなければならないです。確実に手続きを進めるには弁護士のサポートが必要になります。

詳しく見る

弁護士バッジ

借金の大幅減額

個人再生は弁護士に依頼するのが一般的ですが、誰でもいいというのではなく、中には詳しくない人もいるので債務整理強い弁護士、豊富な相談実績がある、争点となりやすい点でも実績がある、相談料は無料などをポイントに選ぶことです。

詳しく見る

今の生活は変えず債務整理

弁護士バッジ

適した再生計画案が重要

借金の返済を滞納している方は、早期に弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することで、あなたに最適な債務整理を提案してくれます。もし、マイホームをお持ちの場合にでも、債務整理は可能です。マイホームを手放すことなく、借金額を大幅に減額できます。マイホームをお持ちの方に適した債務整理が、個人再生です。個人再生には住宅資金特別条項の特則があり、住宅ローン以外の借金が大幅に減額されます。住宅ローンの残債務は変わりませんが、借金総額を減らすことで返済が楽になります。また、マイホームを処分する必要はないため、今の生活は変わりません。ただし、個人再生手続きをするためには、裁判所に申請しなければなりません。何も知識がないと多大な負担がかかるため、弁護士に相談することが重要です。相談する弁護士を選ぶ際には、報酬の分割払いが可能か、適切な再生計画案を立案するかを重視するといいでしょう。借金の返済に困っている方は、弁護士報酬を一括で支払うことは困難です。そのため、多くの事務所が分割払いに対応していますが、全ての事務所が対応しているわけではありません。負担なく報酬を支払うために、分割払いの対応の有無を確認しましょう。また、個人再生の手続きが認められると、信用情報機関に事故情報が登録されます。今後5年から7年は新たに借り入れはできないため、借り入れが不要な暮らしを計画しなければなりません。個人再生に精通した弁護士であれば、あなたに最適な再生計画案を提案してくれます。裁判所の認可をスムーズに受けるためにも、適した再生計画案は必要不可欠です。

Copyright© 2018 個人再生で借金の負担を減らそう【弁護士に相談することが重要】 All Rights Reserved.